社会福祉法人 洛西福祉会

 

◆法人本部

◆地域密着型介護老人福祉施設

 くつかけ七彩の家         

◆短期入所生活介護事業所

 くつかけ七彩の家

◆住宅型有料老人ホームすまいる

◆訪問介護事業所くつかけ

  〒610-1101

  京都市西京区大枝北沓掛町1-3-1

   TEL075-333-7716

   FAX075-333-7708

 

◆特別養護老人ホーム沓掛寮

◆沓掛寮診療所

◆沓掛寮配食サービス

 〒610-1101

  京都市西京区大枝北沓掛町1-2

    TEL075-332-2941

    FAX075-333-1762

 

◆沓掛寮デイサービスセンター

  京都市西京区大枝沓掛町25-22

    TEL075-331-7600

    FAX075-331-7332

 

◆居宅介護支援事業所・沓掛寮

 〒610-1101

  京都市西京区大枝北沓掛町1-3-1

    TEL075-331-7387

    FAX075-331-7307

 

◆京都市沓掛地域包括支援センター

 〒610-1101

  京都市西京区大枝北沓掛町1-3-1

    TEL075-335-2201

    FAX075-335-2308

 

◆居宅介護支援事業所・大枝

 〒610-1106

  京都市西京区大枝沓掛町25-22

    TEL075-332-8991

    FAX075-332-8701

 

    

 

 

 

 

 

>
>
排泄介護理念

排泄介護理念

 

排泄ケアの基本理念
 
1.全ての介護の中で、排泄は第1優先介護事項とする。
      生活者が自ら尿意・便意を持たれた場合は、他にどのような介護を行っていても、原則優先して介護にあたる。
       ※尿意・便意は病気により無くなることは無い。認知症等で声に出して訴えられなくても、いろいろな形でその不快感を示してくれることに留意する。
 
   2.排泄したいときが介護するタイミングであり、定時を定めて待たせるものではない。
      定時の確認を否定するのでは無く、自律した生活を保ち援助する姿勢を忘れない介護を目的とする。また、可能な限りオムツはずしを進める。
 
   3.排泄にはインとアウトの関係が有り、食事量・食事形状・食材や水分摂取量によって変化がある。
 
 
   4.身体の排尿・排便活動には個人差が有り、その方の体質・体調により差が有る。
 
   5.健常者の排泄は、夜間は無く、日中に4、5回程度が普通である。
     ※夜間排泄を否定することでは無い。
 
   6.1日の基点となる早朝の排便・排尿情報が、その日1日の排泄リズムを見守る上で、重要な情報となる。
 
   7.医療的治療(便秘治療薬等)の結果、薬の作用・副作用が有ることを理解する。
 
 
   排泄は1日の生活状況により大きな差が生じる。
その方の食事量・食材・運動量・排泄間隔を考慮して見守ることが必要になる。同居する家族が自然と感じる感覚をプロフェッショナルとして感じられるよう、介護を行うことが重要である。